そうだったのか!!健康メモ2 電位治療器 大阪梅田 自分でできる肩こり解消法


在庫を見る
SOS楽天市場店へ行く♪
SOS YAHOO!ショッピング店へ行く♪
SOS直販サイトへ行く♪
トップページ > 大阪梅田店ひとくちメモ
大阪梅田店ひとくちメモ
No.3
乾燥と風邪
この季節、空気が乾燥しよく天気予報などでも「空気が乾燥しているので、風邪に注意しましょう」なんて聞くかと思います。乾燥と風邪がどういう関係なのでしょうか?


1. 湿度とウイルス

ウィルス空気が乾燥して湿度が低いとなぜ風邪が流行るのでしょうか?空気が乾燥すると、呼吸器系の粘膜を傷め、風邪などのウイルス体内に侵入しやすくなってしまいます。  

また、空気中の水分が少ない場合、風邪のウイルスが空気中に浮遊してしまい広範囲に広がってしまいます。しかし湿度が高いと、ウイルスはすぐ下に落ちるため広範囲に広まってしまうのを防ぐことができます。

2. 対策と予防

湿度40%以下になると、空気中のウイルスの落下速度がゆるやかになり、空気中に30分程漂うようになります。またウイルスは、気温15〜18度以下の環境を好み活発に活動をします。そのため、室温は20〜25度・湿度を50〜60%に保つようにしましょう。

マスク特に睡眠時は、起きている時に比べ、モノを飲み込む動きをしないため、喉が乾燥しやすく、加湿器などで部屋の湿度を高めたり、湿らせたマスクをして睡眠するなどの対策をおすすめします。
3.湿度を高めるには

風邪予防のためにも、部屋の湿度を高める事を強くおすすめしますが、加湿器を持ってなかったり、小さいもので部屋全体の湿度を高めるのに大変といった場合もあります。
そこで加湿器以外で、部屋の湿度を高める方法をお伝えします。

  1. 洗濯物を部屋干しする:部屋干し洗剤を使用すれば匂いも気にならなくなります。
  2. ハンガーに濡れタオルを数枚干す:アロマオイルを混ぜたお湯で濡らしたタオルを干せば、乾燥対策とリラックス効果を同時に得られます。
  3. フローリングを水拭き:防臭スプレーなどで湿らすのも良いかと思います

専門知識豊富なスタッフが商品選びのお手伝い!
SOS大阪店舗ご案内
電位治療器カタログ無料送付中
携帯・PHSからもOK_お問合せフリーダイヤル
お支払い方法
メールでのお問合せ
買取のお申し込み

商品のお問合せ